東進ハイスクールが人気!全国展開ならではの強みとは

大学受験なら東進ハイスクール

子どもが大学受験を迎えるあたり、進学塾に通わせることを検討しはじめるケースは多いでしょう。

昔と違って今ではさまざまな形態の進学塾が存在します。

規模も塾によって異なるので、どこに通わせるのが一番良いのか迷うのではないでしょうか。

また塾だけでなく、家庭教師を派遣する会社もたくさん存在します。

家庭教師まで選択肢に入ってくると、ますます決めにくくなるでしょう。

正解は人によって異なるので、自分たちにとって最も良い選択をすることが大切です。

しかしそう言われても、何を基準に考えれば良いのか分からないケースも多いと考えられます。

そのような場合は東進ハイスクールを選んでおくのが無難です。

東進ハイスクールは、関東を中心として日本全国に展開している進学塾です。

規模だけでいえば日本に存在する塾のなかでトップクラスといえます。

もちろん合格実績や講師の顔ぶれも他の進学塾に見劣りしません。

・塾の規模というのは大事

しかしここで重要なのは規模が非常に大きいということです。

受験と関係のない普段の勉強であれば、規模にこだわる必要はありません。

むしろ地域に密着している個人塾のほうが適している場合もあります。

昔から地元の高校を対象にしてきたので、定期テストや高校の教師について熟知していることが期待できるからです。

しかし大学進学のための勉強となると話はまったく異なります。

なぜなら高校受験と違って、大学受験は全国が対象になるからです。

住んでいる地域に関わらず要件を満たしていれば、北海道から沖縄までどこの大学も自由に受けられます。

そのため地元の個人塾では対応しきれない恐れがあるのです。

地元の高校から近くの大学に進学する場合を除いて、個人塾を選ぶメリットは多くないです。

進学塾の選び方

全国のライバルたちと対等に競い合っていきたいなら、全国を舞台にしている進学塾を選ぶのが得策です。

東進ハイスクールは衛星予備校まで含めて、まさに日本中の塾生がライバルになるといっても過言ではありません。

模擬試験を受けるたびに、自分の立ち位置が明確に分かります。

地元の進学塾でトップになったとしても、地域の学力が低ければ全国的には力不足かもしれません。

このように競争意識を高める意味において、全国展開をしている進学塾を選ぶことは重要なポイントになります。

また規模が大きいメリットは競争意識の向上だけはないです。

大きな規模を誇るということは、それだけ情報網も広いということです。

全国に張り巡らせた情報網を使って、各大学について詳しく調査を実施しています。

そのうえで効果が高いと判断したカリキュラムを準備しているのです。

政府の方針や少子化の影響などにより、大学受験の状況は目まぐるしく変化しています。

昔は競争率が高かかった大学でも、今では定員割れをしているケースもあります。

逆に以前は人気がなかったけれど、難関として見なされるようになった大学も見受けられます。

もちろん受験問題の傾向も頻繁に変わっています。

すべての大学に共通する傾向だけでなく、特定の大学だけで見られる傾向の変化も少なくありません。

大学受験を成功させるには、新しくて正確な情報を常に入手することが大切です。

情報がないまま勉強を進めても効率が悪くなるので、ライバルに差を付けられやすくなります。

東進ハイスクールでは過去の入試問題がデータベースに保管されています。

それらを無料で閲覧できる仕組みにしている事実からも分かりますが、情報の開示を惜しんでいません。

テレビ出演をしているカリスマ的な講師がいることでも有名ですが、その講師たちが活躍している背景には情報の活用があるのです。

いくら優れた講師でも大学受験の傾向を把握してなければ、指導の内容が的外れになる恐れがあります。

抜群の能力を持つ講師が情報を上手く活用していることが、核心を突いた指導を実現できている理由といえます。

家庭での学習も合否に大きく影響する

ただし東進ハイスクールに通っていても万全というわけではありません。

家庭での学習も合否に大きく影響してきます。

講師の指導についていくための予習と復習が欠かせないです。

非常に広い学習範囲を受験までに習得する必要があるので、指導のスピードは必然的に速くなります。

予習をして重要なポイントを把握しておくと、そこに集中して聞けるので授業に付いていきやすいです。

それ以上に大切なのは、授業を受けた後で分からない点を残さないことです。

特に数学ではいろいろな分野が関連し合っています。

図形問題を解けないまま放置しておくと、図形を使った証明問題まで苦手になりかねません。

そのため芋づる式に解けない問題が増えていくリスクがあります。

失点を少しでも減らしたいなら、分からない点は必ず復習をして克服しておきましょう。

東進ハイスクールでは学習の履歴を親が確認できるシステムがあります。

そのため子どもが欠点を自覚していない場合に、親が指摘できる可能性があるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

 

引用元サイト:東進MSG 評判