エスコシステムズ監修!省エネ生活を可能にする

省エネ住宅

エスコシステムズも推奨する省エネ住宅とは?

環境意識の高まりとともに、省エネ住宅に対する関心は高まっています。
省エネ住宅の基本は、断熱・気密性能のアップです。

住宅の断熱性は天井や屋根や壁などの外の気温が伝わる部分に、断熱材を入れることで高めることができます。
内断熱は壁の内部に断熱材を入れる工法です。

窓やドアなどの開口部は熱を通しやすく、さらに開閉によって外気が入るため冷暖房の効率を落とす原因となります。
冷暖房の効率をいかに高めるかが、省エネ生活の鍵を握っているとエスコシステムズは言及しています。

冷暖房効率を高めるには、開口部から熱を逃がさない方法を考える必要があります。
窓の面積の大部分はガラスからなり、断熱性の高いガラスを選択することで窓の断熱性は高まります。

2枚のガラスの間に中空層を設けた複層ガラスは断熱効果が高くて人気となっています。
複層ガラスは様々な種類があり、高断熱複層ガラスなどもあります。

高断熱複層ガラスは室内側の中空層に特殊金属膜を施しています。
このガラスは日射熱は取り込み、暖房熱は室内の反射するので寒冷な地域に特に適しています。

遮熱複層ガラスは日射熱をカットしてくれる

遮熱複層ガラスは室内側の中空層に特殊な金属膜があるガラスで、日射熱をカットします。
室内温度は逃がさずに日射の影響を受けにくいので、冷房効果に優れています。

窓のフレームは気密化だけでなく、断熱性にも影響します。
一般的なアルミサッシは熱を伝えやすい素材ですので、アルミと樹脂を使用した複合サッシの人気が高いです。

複層ガラスと樹脂製のサッシを用いた窓は、一般的な窓よりもはるかに断熱性が高くなっています。
省エネ生活を送るには、自然のエネルギーを上手に活用することが大切です。

自然光を調節することで、エネルギーは節約することができます。
入り込む自然光の量を上手く調節して、照明としての十分な明るさを確保して冷暖房の負荷を少なくすることは大切です。

季節で変わる太陽の高度に合わせて軒の長さを設計することで、夏の日射しを遮り冬の日射しを取り込むようにコントロールすることが可能となります。
南の窓を大きく作り、床や天井に蓄熱効果のある建材を用いることで効率的に熱はたまります。

省エネ生活は風の流れを計算して上手く活用する

省エネ生活のためには、風の流れを計算して上手く活用することも重要です。
夏は木陰や北側の涼しい風を室内にたっぷり取り込めるように設計することが大切です。

風の流れは窓の位置によってコントロールすることができます。
抜き抜けに天窓を設けることで、開けた窓から自然と風を入り込む煙突効果が起こりやすくなります。

北側に地窓を設けて、北側の冷えた空気を積極的に取り込むことで、室温を効果的に下げることが可能となります。
吹き抜けや天窓の代わりに中庭を設けても、同様な効果を得ることができます。

緑のカーテンなどによる植栽の活用でも室内を涼しくすることができて便利です。
日射しが入り込む南側に落葉樹を植えれば、夏は日射しを遮り冬は葉が落ちて太陽の熱を室内に取り込めてとても有意義です。

夏の涼しい空気を保つには北側にも樹木を植えると効果的です。
低木でも道路から反射する輻射熱を遮ることが可能となります。

日射しが厳しい夏にはベランダにネットやひもを張ることも人気

日射しが厳しい夏には、ベランダにネットやひもを張ることも人気です。
つる性の植物を這わせることで、グリーンカーテンが完成します。

水の使用法を上手く考えると、水道代を節約することができて有意義です。
屋根面に降った雨を雨どいで集めて、タンクにためたものを庭に散水に使用することで、水の有効活用を図ることができます。

本格的なタンクを使用することで、トイレの洗浄水にも利用できます。
省エネ生活のために機械設備を使用して、太陽などの自然エネルギーを活用することもあります。

太陽の光を電気エネルギーに変えることで、太陽光発電が可能となります。
太陽光発電には売電収入を得ることができる魅力もあります。

太陽光発電のタイプは電力会社のある連携タイプがあり人気です。
連携タイプによって、発電力が不足している時は電力会社の電気を使用して余った時は買い取ってもらうことが可能となります。

ヒートポンプには空気中の熱をエネルギーに換えることができる特性がある

ヒートポンプも自然エネルギーに注目している人に人気があり、ヒートポンプには空気中の熱をエネルギーに換えることができる特性があります。
このシステムは水や空気などの低温の物体から集めた熱を圧縮・吸収して、高熱の熱に変えます。

自然エネルギーの活用法はとても進化していて、機械を使用しないパッシブシステムと設備や機械を使用するアクティブシステムを上手く使い分けることは有意義です。

季節に応じた様々な工夫をして、自然の持つ力をいかすことに対する関心はこれからも高まることを想定することができます。
暮らしのどこにどのような自然エネルギーを活用することを考えることが、光熱費を抑えた快適な生活につながります。

生活のアイデアを考えることは創造的で楽しいことでもあります。
楽しみながら生活をする手段として、自然エネルギーを活用する人は増えています。