パソコンを通販で購入するときはできるだけたくさん調べる

PCは購入するものではなくなっている

パソコン(以降「PC」)を購入する方法のうち、「家電量販店やPC専門ショップなどの実店舗」を利用する方法が一般的ですが、何も必ず来店する必要があるわけではありません。

PCに関する知識がない人は特に来店の意味が大きいものの、一定以上の知識を持っている人ならば来店をせずに購入する方法も容易に選択できます。

来店不要でPCを購入する方法にもいくつかありますが、「通販」は特に多くの人が利用する方法です。

多くのユーザーが、「PCは購入するもの」だという認識を持っています。

すでに組み上がっているデスクトップ、またはノートPCを販売店などから購入すると、そのままの状態で使用することができます。

内部的に導入されているアプリケーションやソフト類こそ違いはありますが、既製品であれば少なくともそのままの状態でPCとしての基本的な性能を発揮してくれます。

デスクトップPC自作している人は多い

しかし、PCを購入する方法は既製品を購入するという選択肢しかないわけではありません。

「BTO(Build To Order)」も似た方法ですが、「自作」という選択肢もあります。

PCを構成しているパーツ類は個別に購入することが可能で、それらを組み合わせて一つのPCを作ってしまうことも可能です。

ノートPCに関しては自作することはほぼありませんが、デスクトップPCは自作しているユーザーがたくさんいます。

たとえば、家電量販店などで販売されているメーカー規制のPCと比較した場合には、自作PCは半分以下のコストで作り上げることも可能です。

BTOと自作を比較した場合には、ほとんど差が出ない可能性も高いですが、メーカー規制品と同スペックの自作PCでコストを比較した場合には、ほとんどの場合で自作の方が安く済ませることが可能です。

デスクトップPCならばそれほど深い知識は必要ないので、始めてPCを購入する人でもあまり問題にはなりません。

現在、多くのユーザーがノートPCを選択していますが、その大きな理由は「利便性」です。

実際に持ち運びをする機会がどれほどあるかは分からなくとも、「据え置き型」「モバイル型」を比較して後者により大きな魅力を感じるユーザーが多いことは確かです。

事実、多くのユーザーがノートPCを選択していることからも判断できます。

また、ノートPCの拡張性は「メモリ」「HDDまたはSSD」「光学ドライブ」程度しかありませんが、デスクトップPCの場合は「ほぼすべてのパーツ」に拡張性があります。

安いパーツで安価なPCを組み上げるという選択はもちろんのこと、最高峰のパーツを使って高性能PCを組み上げることも可能です。

また、使用感を見ながら徐々に拡張して使い勝手を上げるという方法も可能です。

パーツを購入する選択肢として、来店可能な範囲に専門店がある場合は実物を見たり、店員に相談しながら選択することができます。

専門店の店員ならば専門知識を豊富に持っている人が多く、中には自作PC制作経験がある人もいる可能性が高いです。

それぞれ見比べながら選べる

パーツごとの特徴、価格、見た目などをそれぞれ見比べながら選べる点はとても大きなメリットです。

ただ、通販専門店を利用する場合は「安く購入できる」というメリットがあります。

実店舗を持っている専門店と違い、実店舗を持つ必要がないインターネット店舗の専門店では運営コストが段違いです。

より大きなコストがかかる実店舗は販売価格が高くなるのも仕方ありませんが、コストがかかりづらいネット店舗ならば販売価格を下げることも比較的容易です。

実物を見ながら購入したり、目的に応じて適切な選択をするための相談をできないというデメリットはありますが、より少ないコストでPCを作りたい場合にはこの方法一択といっても過言ではありません。

現在、通販でPCを購入できる選択肢はたくさんあります。

ネットのみでPCを販売している店舗、実店舗を持ちながらネットでもPCを販売している店舗がありますが、先の理由から前者の方が安くパーツを手に入れられる可能性があります。

ただ、状況によっては後者の方が安くパーツを手に入れられる可能性もあるので、「必ず複数の選択肢を検討すること」が重要です。

また、通販とは少々違いますがインターネットを利用してPCを購入する方法としては、「個人売買」「オークション」という選択肢もあります。

個人売買に関しては、売り手がどの程度PCの知識を持っているのかでお得度が大きく変わってきます。

PCに詳しい場合は適当な金額が設定されますが、あまり詳しくない場合は破格の値段でPCを購入できる可能性もあります。

しかし、個人売買はショップやメーカーの保証がなくなっている場合が非常に多く、「仮に購入翌日に使用不能になっても泣き寝入り」になる可能性があります。

中古品は特に、購入金額に関係なくその可能性があるため、個人売買やオークションを利用する場合は必ずリスクを背負うことを前提とした利用が求められます。

パソコンを通販サイトで買うなら、ドスパラがオススメです。
ドスパラ 評判