朋和産業は包装の一貫生産にこだわっている会社です

朋和産業が海外にも拠点を展開している

朋和産業は知る人ぞ知る包装関連の商品を世に送り出している企業で、国内の包装用資材では一定のシェアを占めています。

国内だけでなく海外にも拠点を展開しているのが強みで、競争が激しいパッケージ関連業界において頭1つリードしている会社です。

レンゴーグループに所属していて、このグループは製紙関連企業や段ボール、紙器系企業を数十社抱えていて、それ以外の業種の企業も子会社化や関連会社化している巨大組織です。

売上金額は単体でも2700億円以上、連結で5000億円を超えているというからかなり大きなグループですよね。

大きな規模を誇るグループの中で、軟包装関連事業での中核会社としての役割を担っているんですね。

レンゴーグループの総合力を活かしながら、しっかりとその実力を発揮しています。

軟包装関連事業を行っているのですが、レンゴーグループの中には重包装を扱っている会社も存在しています。

朋和産業はレンゴーグループに所属している企業の1つなので、1社単独で渡り合うことは難しい課題を乗り切っていると言えます。

レンゴーグループは中国やタイ、ベトナムやシンガポールなどのアジアや、アメリカにも子会社もしくは関連会社を設けています。

それゆえ、国内だけでなくて世界的にワールドワイドな活躍が期待できそうです。

レンゴーグループに所属している各企業が取り扱っている製品は別々のものですが、パッケージ系の事業を展開していることに変わりはありません。

それだけにノウハウの蓄積は行いやすく、コネクションを有効活用すればビジネスチャンスにつながる可能性も大です。

グループ内には別の軟包装系企業も存在しているので、お互いが良い意味での刺激になっているのでしょう。

朋和産業は環境保全活動に力を入れている

朋和産業のHOWAのパッケージは今や有名なブランドになっていて、売上金額も500億円を超えているので今後さらなる成長が期待できそうです。

自社のことだけでなく顧客や社会全体のことも考えているしっかりした会社であることは、基本環境理念から伺えます。

公式サイトを見ると、地球環境に気を遣った事業運営を心がけているのがよくわかりますよ。

近年、世界全体で地球環境を守ろうという動きが見られますが、実際に基本環境理念を作って行動している企業は少ないです。

そういう意味では立派な企業で、その取り組みがいかに素晴らしいものかがわかります。

地球環境に配慮して事業を行うことは簡単なようで難しく、実現させるのはとても困難なことです。

具体的な省エネルギーの目標値を定めているだけでなく省資源化にも取り組んでいて、必要最低限の紙しか使わないペーパーレス化を推進しています。

環境保全活動を行うために必要な体制がしっかり構築されているのが、最大の強みですね。

社内で環境マネージメントシステムを作りあげているのも称賛に価し、目標を定めるだけでなくマネージメントレビューの機会も設けています。

どれだけ実現できているのかをチェックする体制も設けているのは、とても素晴らしいことです。

ほかにも環境を守るための貢献活動にも尽力していて、必要に応じて環境関連の情報も公開しています。

法律を遵守することにも徹底していて、広報活動にも力を入れている企業です。

企業の中には自社の売り上げアップだけに力を入れ、環境の改善や保護に無関心なところが多いものです。

そんな中、地球全体のことについてもきちんと考えているとは本当に感心します。

習志野工場では緑化を実現しており、ISO14001も取得していて登録証は公式サイトにも掲載されています。

環境保全にも力を入れている企業は本業にも力を入れているので、信用できる会社と言えるでしょう。

朋和産業の最大の魅力とは

朋和産業の最大の魅力は、安心の一貫体制を築いているところです。

主にプラスチックフィルムなどの包装用資材や販促ツール、各種包装用機械の製造や販売を行っているのですが、生産は一貫して行われています。

包装の製造だけでなく、パッケージのデザインやマーケティング、製品用データの作成や印刷、ラミネート加工まで全て自社一貫生産体制が整えられているのです。

一般的な包装メーカーの場合、いずれかの行程は外部へ委託するケースが多いのですが、一貫生産にこだわっているのが大きな特徴と言えます。

デザインから製造、そして管理まで責任を持って取り組んでいるので、過程によるミスは起こりにくいです。

朋和産業の一貫生産体制にはまずプレゼンテーションがあり、デザインや素材の提案が行われます。

次にデザインデータの作成と製版データの作成が行われ、作成したデータを基に製版が行われることになります。

製版が終わると印刷に移るのですが、工程で使用するインキは水性なので環境に配慮されているのがよくわかりますね。

その後、ラミネート加工とスリット加工の加工処理に移り、フィルムを商品の大きさごとに加工する製袋でフィルムが完成です。

そして品質管理が行われ、製品管理で出荷やそれに伴う在庫管理をするわけですが、朋和産業は一貫だからこその安心感がありますよ。

パッケージをどこに依頼しようか悩んでいるなら、是非検討してみましょう。

引用「朋和産業株式会社について」より

リードワンプロモーションなど芸能事務所の強みはそれぞれ違う

芸能事務所それぞれの強みとは

芸能人はリードワンプロモーションなどの事務所に入る方がフリーで活動するより仕事が入りやすいです。

芸能事務所は所属するタレントのスケジュール管理をするだけでなく、良いところを活かして広い分野で人気が出るようにサポートしてくれます。

男性アイドルとしての道を開拓するなら、ジャニーズ事務所

男性アイドルとしての道を開拓するならば、ジャニーズ事務所が最適です。

書類選考の1次審査は常に応募しており、親権者の承諾があれば何歳でも受け付けています。

市販の履歴書と全身・顔、上半身をそれぞれ撮影した写真を送るだけで歌って踊れるアイドルになれる可能性があります。

1次審査の結果が出るまでの時間のは人それぞれで、基本的に不合格者には連絡をしません。

2次審査の前日に合格の連絡が来て驚いたというエピソードも多いです。

2次審査では面接と歌やダンスの実技で、音楽や運動などで得意なことがあれば履歴書でたくさんアピールしておくと事務所の目に留まりやすいとされます。

しかし歌やダンスが苦手でも第一線で活躍する所属タレントもいて、代表者であるジャニー喜多川に気に入られることが大切です。

中には審査には落ちたけれどジャニー喜多川に「YOUジャニーズに入っちゃいなよ」と言われてデビューした人もいます。

礼儀を重んじる人なので面接時は素直で丁寧な受け応えが求められます。

ジャニーズ事務所はレッスン料を全く要求しないため、一度入ることができればデビューまで着実にバックアップしてもらえる安心感があります。

様々なジャンルのタレントが在籍しているホリプロ

ホリプロは女優部門やバラエティ部門、アナウンス部門など様々なジャンルのタレントが在籍している事務所です

。特に役者の在籍数が多く、ホリプロタレントスカウトキャラバンは毎年注目されています。

歴代のグランプリ受賞者は女優として重要な役を与えられたりバラエティで明るい笑顔を見せたりと、テレビで大いに輝いています。

グランプリを逃して準グランプリや審査員特別賞になったとしてもその後の演技力やトーク力など芸能人としての才能を発揮できれば十分に活躍できます。

女優しか所属していないことで有名なスウィートパワー

女優しか所属していないことで有名なのがスウィートパワーです。

ジャンルを絞っているので在籍数が少なく小さな芸能事務所ですが、映画やドラマでヒロイン役に抜擢されることの多い女優の名前が並びます。

美少女で小さな頃から芸能界に憧れていたタイプではなく、逆に芸能界に全く興味のない女の子をスカウトするのが特徴的です。

社長の岡田真弓は芸能界ではスカウト力に定評がある人物で、可愛い子というよりヒロインを演じている姿がしっかりイメージできる女の子を探します。

岡田真弓が特定の地方都市にスカウト担当スタッフを1年間住まわせ、地元の中高生からスター性のある女の子を見つけ出します。

東京など都会に出てきている女の子ではないため、スカウトされても「芸能人になるつもりはありません」と断られることも少なくないといいます。

しかし時間をかけてアプローチし受諾してくれたらレッスンを行わせて洗練された美少女へと変化させていくという戦略です。

お笑い分野で最大規模を誇る吉本興業

お笑い分野で最大規模を誇る吉本興業には、1からお笑いの勉強ができる制度が導入されています。

笑いというものは奥が深く自由な振る舞いでおちゃらけて見せるだけでは視聴者をしらけさせる場合があります。

何事も基礎をしっかり固めてから自由な発想を取り入れることが大切なので、吉本興業は養成所を作って人材育成に力を入れています。

NSC養成所は東京校と大阪校があり、入ることは誰にでもできるとされます。

難しいのはそこでしっかりお笑いを学んで給料を稼げるネタを作ることで、多くは下積み生活に耐えられなくなりお笑い芸人としての道を諦めてしまいます。

しかし一度ネタをヒットさせることができれば、吉本興業は太いパイプを持つ事務所なので多くのメディアに出演することができたちまち人気芸人へと駆け上がることができます。

在籍数が多いため芸風も様々で、自分が目指すスタイルの先輩を見つけやすいです。

吉本興業とよく比べられる松竹芸能は、演芸が中心なので有名な噺家が在籍しています。

芸風は関西寄りで若手芸人のライバルが少ないから所属を決意したという芸人もいます。

かつて松竹芸能は創業当時のトラブルで吉本興業とは犬猿の仲とされました。

しかし現在は共演する姿をテレビで見る機会も増え、事務所同士の軋轢も解消したように見えています

松竹芸能にも松竹芸能タレントスクールという養成所があり、素人でも芸人になるチャンスがあります。

学費が安くて授業は日曜日の夜にしか行われないため、他に仕事をしながら芸人を志す人も多いです。

フリーで働く方がギャラを全額もらえるので経済的な豊かさを手に入れやすいですが、芸能事務所に入るとマスコミ対応など面倒なことを極力回避することにもつながります。

芸能事務所は芸能界で存在感を示すために特徴的な強みを持っておりそれに沿ってタレントを募集しているので、自分をどのようにマネジメントして欲しいかはっきりさせることが大切です。

こくみん共済に入っていたので助かりました

こくみん共済に加入したきっかけ

結婚をしてから保険に入った方がいいと周りには言われていたのですが、お金がかかりますし迷っていました。
でもたしかに保険に入っていないのは不安だったのです。
どんな保険に入ったらいいのかもよくわかりませんでしたし知り合いに聞いたりしていいところを教えてもらいました。

いろいろな人の意見を聞いている時によく耳にしたのは、こくみん共済だったので自分でもこの保険について調べたいと思ったのをよく覚えています。
コンビニに行ったらたまたまこくみん共済のパンフレットがあったので自宅にもって帰りました。

それを見て思ったのは、とにかく掛け金が安いということです。
もっと保険はお金がかかるイメージがあったのですがこくみん共済はすごく安いのに補償が充実しているので、保険に入るならこれしかないと思ったくらいです。

ネットを見ると実際に入会された人の口コミが書いてありました。
口コミにはやっぱり掛け金が安くて助かるというものが多くあったのです。

私もこの保険の掛け金であれば、家計を圧迫することなく保険に入れると思っていたのでやはりみんな同じことを考えて入会をしているのだなと感じました。

しかもこくみん共済は大手の保険ですしどこの会社の保険かわからないといった心配なこともありません。
補償もすごくしっかりとしていますし、何かあった時のために入っておくだけで安心できます。

県外に嫁いできたので私が仕事をしていないこともあり、決してお金に余裕のある生活をしていなかったのですがそれでもこの保険には入ることができました。それがすごくありがたいと感じています。

担当の方がすぐに自宅に来てくれた

この保険に入りたいと思ったので会社に電話をかけると、担当の方がすぐに自宅に来てくれました。
電話をした次の日には来てもらうことができたので、対応が早いのにも好感を持ったのを覚えています。

私は担当の方にどんな種類の保険に入るべきかを聞きました。
そしたらまずは帝王切開に対応できる保険には入っておくべきだと言われたのです。

保険
http://kawaidesu.hatenablog.com/entry/2017/06/20/132530より

帝王切開なんて自分には関係ないと思っていたのでそんなことを言われてすごく驚きました。
しかし最近は出産となると帝王切開になるパターンがとても多いので入っておいたら安心ということを言われたのです。
そんなことを言われたら入っておいたら方がいいなと思って入りました。

自分の家の収入もすべて伝えたことで、家計を圧迫しないで入ることができる保険を紹介してもらうことができ嬉しかったです。
どんな保険が必要かとか、どれくらいの金額でどんな補償があるのかも詳しく教えてもらいプロの説明を聞いてよかったと心から感じることができたのです。

女性の方は特に加入をおすすめします

一人でパンフレットを見たりホームページを見ることでもある程度保険の内容を知ることはできましたが、やっぱりプロに聞かないとわからないことが多くあったのですごく感謝をしました。

担当の方に言われたように保険に入り、その後は普通に生活をしていたのですがついに私の妊娠が判明したのです。
すごく驚きましたし喜びが大きくて、その時は保険のことなんてすっかり忘れていました。

妊娠をしてからは毎月検診があり、病院に通い赤ちゃんの成長を見るのが楽しみで仕方がなかったです。
日々成長していく赤ちゃんをみていると、まさか自分が帝王切開になるなんて思ってもいませんでした。

帝王切開が濃厚になったのは妊娠9か月の頃です。
突然先生から赤ちゃんが逆子になっていると言われたのです。
それまで毎回順調としか言われていなかったのでやはりショックが大きかったのを覚えています。

逆子になった場合には普通に出産をすることはできないので帝王切開になると言われました。
その時に保険のことを思い出したのです。

出産時のトラブルにも保険が適用されます

帝王切開は自分には無関係だと思っていましたがそんなことはありませんでした。
帝王切開をするとなった時に改めて保険に入っていてよかったと感じることができたのです。
本当は自分がそんなことになるわけないと思っていましたし、そんなことのためにいくら少しだとしても保険に入るなんてもったいないという考えがありました。

でもそこでケチらなくて本当によかったです。
あそこでケチっていたら今回出産の時に大金が必要になっていました。
今回は保険にきちんと入っていたので、出産の際にはお金が入ってきたのですごく嬉しかったです。

あの時に担当の人に教えてもらった通り保険に入っていたので出産の際にはすごく助かりました。
若い人は特に保険なんて必要ないと感じる方が多いですが、絶対にそんなことはありません。

そのことをきちんとわかっていないと損をすることになります。
確かに保険に入ることでお金は必要になりますが、こくみん共済のように格安の保険があるので気軽に入れます。

こくみん共済であれば保険料が安いですし補償も充実しているので不安に感じることは一切ありません。
すごくスムーズに入れますしなによりも安心感があるので何かあっても大丈夫だと思えます。

身近な皮膚の病気を治療している皮膚科

皮膚は全身の鏡

皮膚科は、内科や外科に比べるとマイナーと言えるかもしれません。
これまで内科や外科にかかったことがある人でも、皮膚科にはかかったことがない人もいます。
そもそも内臓については深く考える人が多くても、皮膚についてそこまで考えない人がほとんどです。

しかし、皮膚は全身の鏡とも言われていて、体の内部で起きている病気の兆候が皮膚に現れることもあります。
人間の全身を覆い守ってくれる大切な臓器ですから、普段とは違った異常が少しでも見られたら、専門医の診断を受けると良いでしょう。

皮膚科の専門医は、頭のてっぺんから足のつま先まで、全てが診察範囲です。
また、鼻や口、耳の中など、目で見える範囲は全て診察の対象になっています。
ですから、爪の病気も髪の毛に関する病気についても、専門医は確かな知識を持ち合わせています。

【アトピー性皮膚炎】

具体的な診察する病気を取り上げてみると、有名なのはアトピー性皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎には、様々な民間療法が存在しています。
しかし、民間療法の中には間違っているものも多く、試すと逆効果になることも少なくありません。

現在のアトピー性皮膚炎は、適切な治療を受ければ症状を抑えられる病気です。
もしお子さんにアトピー性皮膚炎の症状が現れたら、民間療法に頼るのではなく、皮膚科を受診し適切な治療を受けさせましょう。

【ニキビ】

もっと身近な皮膚の病気としては、ニキビです。
現在10代の若者や、学生時代にニキビに悩まされた大人の方は多いでしょう。
ニキビができると気になってしまい、市販の薬を塗ったり、潰したりするかもしれません。

基本的にはニキビは重い症状になってから、医師の診察を受けるというのが一般的な形でした。
しかし、最近は早期治療が勧められていて、初期段階で適切な治療を受けると、ニキビは跡形もなく消し去ることができます。

初期段階で間違った対処をしてしまうと、症状が悪化してしまい皮膚の表面に痕が残ります。
綺麗に治療するためには、専門医の治療を早い段階で受けることが大切です。

参考:新宿でニキビ治療するなら新宿駅前クリニック

【その他の皮膚の病気について】

他にも皮膚科では、イボや魚の目、日焼けや水虫、脱毛症などなど、様々な病気を治療することができます。
これらの病気は、日頃からよく皮膚に現れる症状です。

そのため、軽い病気だと考えてしまい、専門医の治療を受けない人がほとんどでしょう。
しかし、治療を受ければ素早く完治させることが可能ですし、悪化することもありません。

全身を守る皮膚を大切にするためにも、小さな病気でも専門医の診察を受けることが大切です。