地域に根ざした長崎材木店の得意はリフォーム

地域に根ざした長崎材木店

地域に根ざした長崎材木店が得意とするのはリフォームを含めたメンテナンスです。

新築物件のように、派手さはありませんが、地域の皆様に喜んでもらえるのがメンテナンスです。

住宅は新築で完成すれば終わりではありません。

そこから実際の生活が始まるので、年月を経る間に、様々な不都合が発生してもおかしくはありません。

もし、不都合が発生した場合、地元の会社ならば安心です。

すぐに駆けつけてくれるのが地元の会社の利点です。

大手住宅メーカーに新築を依頼した場合は、完成するまでの仕事はスムーズです。

さすがは大手の会社だけのことはあり、工事に遅れが生じることもほとんどありません。

新築が完成した時点では、大手の会社の仕事はすばらしいと思ってしまいます。

しかし、本当に差がつくのはその後です。

大手の会社は新築で利益を出すことにだけ関心があり、メンテナンスへの関心はあまりありません。

メンテナンスに必要な専門のスタッフをかかえているわけではないので、メンテナンスの要請があっても、すぐには動けません。

大手の会社が機動力に難点があるのはそのためです。

メンテナンスに力を入れている長崎材木店

長崎材木店は地元の会社の特性を生かし、メンテナンスに力を入れています。

新築でも大手に負けない考え方や技術は持っています。

しかし、大手の会社と決定的に異なるのは、リフォームやメンテナンスでの機動力です。

メンテナンス専門の部署を設け、依頼された仕事はその日のうちに完了することを目標にしています。

仕事の多くはすぐに解決できるものです。

それでも、顧客から感謝されるのは、顧客に必要とされているからです。

建てただけで終わりではなく、建ててからの長いつき合いができるのが、地元の会社の良いところです。

長崎材木店は、技術一点張りの会社ではありません。

もちろん、建築において技術は大切です。

しかし、その技術で提供する空間そのものに価値があります。

建物本体でなく、その内と外で行う生活そのものが大切なことを、長崎材木店は理解しています。

建物本体をハードとするならば、家族の生活はソフトです。

大切なのはソフトの方で、ハードはソフトを実現するための道具でしかありません。

長崎材木店は時間軸を大切にします。

新築の依頼を受けても、すでに建てた後のことを考えて仕事をしています。

建築は長いスパンで考える必要のある仕事です。

建物の材料も、耐久性を第一に考えて選びます。

日本の木材は、使い方を誤らなければ、千年を超える耐久性があると信じています。

PR:価格.com – リフォーム料金比較