朋和産業は包装の一貫生産にこだわっている会社です

朋和産業が海外にも拠点を展開している

朋和産業は知る人ぞ知る包装関連の商品を世に送り出している企業で、国内の包装用資材では一定のシェアを占めています。

国内だけでなく海外にも拠点を展開しているのが強みで、競争が激しいパッケージ関連業界において頭1つリードしている会社です。

レンゴーグループに所属していて、このグループは製紙関連企業や段ボール、紙器系企業を数十社抱えていて、それ以外の業種の企業も子会社化や関連会社化している巨大組織です。

売上金額は単体でも2700億円以上、連結で5000億円を超えているというからかなり大きなグループですよね。

大きな規模を誇るグループの中で、軟包装関連事業での中核会社としての役割を担っているんですね。

レンゴーグループの総合力を活かしながら、しっかりとその実力を発揮しています。

軟包装関連事業を行っているのですが、レンゴーグループの中には重包装を扱っている会社も存在しています。

朋和産業はレンゴーグループに所属している企業の1つなので、1社単独で渡り合うことは難しい課題を乗り切っていると言えます。

レンゴーグループは中国やタイ、ベトナムやシンガポールなどのアジアや、アメリカにも子会社もしくは関連会社を設けています。

それゆえ、国内だけでなくて世界的にワールドワイドな活躍が期待できそうです。

レンゴーグループに所属している各企業が取り扱っている製品は別々のものですが、パッケージ系の事業を展開していることに変わりはありません。

それだけにノウハウの蓄積は行いやすく、コネクションを有効活用すればビジネスチャンスにつながる可能性も大です。

グループ内には別の軟包装系企業も存在しているので、お互いが良い意味での刺激になっているのでしょう。

朋和産業は環境保全活動に力を入れている

朋和産業のHOWAのパッケージは今や有名なブランドになっていて、売上金額も500億円を超えているので今後さらなる成長が期待できそうです。

自社のことだけでなく顧客や社会全体のことも考えているしっかりした会社であることは、基本環境理念から伺えます。

公式サイトを見ると、地球環境に気を遣った事業運営を心がけているのがよくわかりますよ。

近年、世界全体で地球環境を守ろうという動きが見られますが、実際に基本環境理念を作って行動している企業は少ないです。

そういう意味では立派な企業で、その取り組みがいかに素晴らしいものかがわかります。

地球環境に配慮して事業を行うことは簡単なようで難しく、実現させるのはとても困難なことです。

具体的な省エネルギーの目標値を定めているだけでなく省資源化にも取り組んでいて、必要最低限の紙しか使わないペーパーレス化を推進しています。

環境保全活動を行うために必要な体制がしっかり構築されているのが、最大の強みですね。

社内で環境マネージメントシステムを作りあげているのも称賛に価し、目標を定めるだけでなくマネージメントレビューの機会も設けています。

どれだけ実現できているのかをチェックする体制も設けているのは、とても素晴らしいことです。

ほかにも環境を守るための貢献活動にも尽力していて、必要に応じて環境関連の情報も公開しています。

法律を遵守することにも徹底していて、広報活動にも力を入れている企業です。

企業の中には自社の売り上げアップだけに力を入れ、環境の改善や保護に無関心なところが多いものです。

そんな中、地球全体のことについてもきちんと考えているとは本当に感心します。

習志野工場では緑化を実現しており、ISO14001も取得していて登録証は公式サイトにも掲載されています。

環境保全にも力を入れている企業は本業にも力を入れているので、信用できる会社と言えるでしょう。

朋和産業の最大の魅力とは

朋和産業の最大の魅力は、安心の一貫体制を築いているところです。

主にプラスチックフィルムなどの包装用資材や販促ツール、各種包装用機械の製造や販売を行っているのですが、生産は一貫して行われています。

包装の製造だけでなく、パッケージのデザインやマーケティング、製品用データの作成や印刷、ラミネート加工まで全て自社一貫生産体制が整えられているのです。

一般的な包装メーカーの場合、いずれかの行程は外部へ委託するケースが多いのですが、一貫生産にこだわっているのが大きな特徴と言えます。

デザインから製造、そして管理まで責任を持って取り組んでいるので、過程によるミスは起こりにくいです。

朋和産業の一貫生産体制にはまずプレゼンテーションがあり、デザインや素材の提案が行われます。

次にデザインデータの作成と製版データの作成が行われ、作成したデータを基に製版が行われることになります。

製版が終わると印刷に移るのですが、工程で使用するインキは水性なので環境に配慮されているのがよくわかりますね。

その後、ラミネート加工とスリット加工の加工処理に移り、フィルムを商品の大きさごとに加工する製袋でフィルムが完成です。

そして品質管理が行われ、製品管理で出荷やそれに伴う在庫管理をするわけですが、朋和産業は一貫だからこその安心感がありますよ。

パッケージをどこに依頼しようか悩んでいるなら、是非検討してみましょう。

引用「朋和産業株式会社について」より