新潟市で二つの種類がある足裏マッサージ

足の裏には体中のツボがあり、そこを押すことによって直接体のその部分をマッサージしなくても効果を発揮するというのが東洋医学の考えとなります。

肩が凝っているというのであれば、肩のマッサージを受けることもできますが、内蔵など直接触って作用させることができない部分では、足の裏にあるツボを刺激することによって体調を整えることに役立ってきます。

私が住んでいる新潟市でも足裏マッサージには、大きく分けて二つの種類があり、東洋式では激しくツボを押すことになります。

良薬は口に苦しというように、高い効果を得るためにはある程度の苦痛は必要であるという考えから、体の調子を整えるためにはツボを押すにも痛みを伴うような強さが必要と考えられているため、我慢できずに途中で辞めるように言ってしまう人がいるほどの刺激が与えられることになります。

主な動きとして、カギ指と呼ばれるものがあり、片方の指の関節にもう一方の手の関節を乗せて、両手の力を加えてツボを押すことになります。

一方、西洋式となるとツボを押して痛みを与えるということはメンタル的にも辛いことになるのでよくないと考えられているため、特別強く押すようなことは絶対にしません。

なでるように指を滑らせてマッサージを行うことになり、リラックスをすることでメンタル的に治療を行うような方法となってきます。

主な動きとしては、芋虫が足の裏をはうような動きとされるサムウォークがあり、親指の腹を使って押されることになります。


※サムウォークの図

なめらかに肌を滑らせて押すことになるので、滑りが良くなる目的とともにハーブの香りでもメンタルに働きかけるアロマオイルを使用されることがあります。

また、冬にはかさつきやすい足の裏の肌のトリートメント効果も手に入れることができます。

新潟市の足裏のマッサージは、東洋式であっても西洋式であってもどちらも滞りがちな血行やリンパの流れを良くしてくれる効果があり、それによって特別何か病気を持っていないという人にとっても予防のために役立つことになります。

毎日を健康に過ごすためにも定期的に受けることはメリットともなり、全体的な体のだるさも取り除いてもらえて生き生きとした毎日を送ることにも役立ってきます。

足の裏であれば、ちょっとした時間に自分自信ででも手軽に行なうことができますが、専門のサロンや店舗でやってもらえれば詳しい知識を持ったスタッフと体の調子の相談をしながら、自分に合った施術を受けることができます。

 

※新潟市のおすすめマッサージ店はこちら⇒https://mitsuraku.jp/niigata/ni-gatashi/