自分から加齢臭が出ていないかの見極め方

鼻をつんざくような独特のニオイの一つでもある加齢臭。
言葉で表現するのがとても難しいあのニオイは言うまでもなく人間から放たれているものです。
年齢と共に分泌するようになっていくと言われているのですが、加齢臭で気になるのが自分自身は大丈夫なのかというものです。

電車の中ですとか、加齢臭を発している人の近くにいくと鼻がつんとする。
それを経験すると、自分自身もあのニオイが出ていないだろうかと不安になる人もいるかもしれません。
特にニオイは自分自身は慣れてしまうものです。

これはワキガにも言えるのですが、ニオイには慣れが出てきてしまいますので、それこそ毎日のように嗅ぐ自分のニオイには慣れてしまい、違和感がなくなってしまうのです。

何せ自分自身にとってはそのニオイが「当たり前」ですので、次第に慣れていき、自分自身では感じなくなってくるのです。
そのため、自分が加齢臭を発していないかどうかが解らなく、不安に陥るという話も解らないものではありません。

では自分が加齢臭を発していないかどうかを見極める方法はないのか。
これは昔から言われている事ですが、加齢臭を発していないかどうかを見極めるためには、実際に加齢臭を発している人の近くに行く事と言われています。

そこで強烈なニオイを感じたら、自分自身はそのニオイに慣れていないという事ですから、自分自身はまだ加齢臭を発していないのです。
ですが、加齢臭を発しているとされている人の近くに行っても何も感じない場合、加齢臭に慣れているために何も感じないのですから、自分自身も加齢臭という事になります。

ですから、これは知り合い云々だけではなく、日常生活の中で加齢臭を感じなくなってきている人は、自分自身が加齢臭を発している可能性があります。

裏を返せば、満員電車等で加齢臭を感じたら、不愉快ではありますが、自分自身は加齢臭ではないという事の証でもありますので、その点では喜ぶべき事実とも言えるのです。

 

加齢臭対策ガイド~加齢臭を消す方法~
あなたは大丈夫?女性に増えている〝加齢臭〟撃退法
加齢臭の原因物質ノネナールはどんな臭い?