白ニキビの原因

ニキビができやすい人とできにくい人、かなり差があります。
いつも肌のどこかにニキビがあるという方もいるでしょうし、反対に今までの人生でほとんどニキビができたことがない!という人もいます。

ですが、単なる体質の差ではなく生活習慣の違いです。
あなたのいつもの生活習慣は、ニキビの原因になっていませんか?

原因は、2つの理由が考えられます。
ひとつが、「皮脂の過剰分泌」。
そして「毛穴詰まり」です。

体の調子が悪くなってくると酸化した皮脂や、固くなった角質などが毛穴を塞いでしまい、その塞がれた毛穴の中でニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖します。
すると毛穴の中で炎症が起こり、それをニキビと呼びます。

あまり知られていませんが、ストレスがニキビの原因になることも多いです。
女性の場合には、ストレスがたまるとホルモンバランスに異常が生じます。
それでニキビができてしまうという女性も少なくありません。

また、思春期の場合には、体が急激に成長するため、ホルモンバランスもそれに伴って変化していきます。
思春期の肌は不安定でニキビが出来やすいんですね。

ニキビができやすい場所もいろいろありますが、その場所ごとに原因が異なります。
Tゾーンと言われる額から鼻にかけての部分は、皮脂の過剰分泌が原因であることが多く、髪の生え際は洗顔料やシャンプー、リンス、整髪料などの洗い残しが頭皮に残ってしまっているのかも!不潔です!注意しましょう。

大人ニキビができやすいと言われている口の周辺やあごは、食生活が原因で肌荒れしている可能性もあります。
さらに、女性の場合には、月経の周期で定期的にニキビが出来るという人が非常に多いです。
毒素を体外に排出する動きが非常に高まっている時期なので、水分をたくさん摂って、この際全部出しちゃいましょう。

そしてニキビが目立つ頬のラインは、男性ホルモンの影響かもしれません。
ストレスでクタクタになった体が悲鳴を上げているというサインかも。

ニキビの赤みが色素沈着しニキビ跡になってしまっていたり、潰してクレーターのようにボコボコの状態になってしまってからでは、もはや手遅れ。
その前に、先手を打ってケアをしておきましょう!

参考URL⇒http://xn--nckzcza4nu535a.net/