忘年会景品はお酒の勢いで乗り切るのも?

・忘年会の雰囲気!

年末の風物詩と言っても過言ではないのが忘年会ですが、忘年会をより盛り上げようと忘年会の最中にゲームを行い、忘年会景品を配布するものもあるのではないでしょうか。
ゲームそのものも盛り上がるでしょうし、さらには景品次第で更に盛り上がる事だってあるでしょう。

また、ちょっとした気分転換にもなりますので、忘年会でゲームを行うケースも珍しくありません。
その際の景品は幹事の腕次第だったりするのですが、参加者が多い忘年会であればあるほど、どのようなものを用意すれば良いのか解らないものなのではないでしょうか。

一体何を用意すべきなのか。考えれば考えるほど答えが見つからなくなってしまうケースも珍しくなかったりするものです。
だからこそ「逆転の発想」というと少々大袈裟ではありますが、何も考えないのも一つの手段なのかもしれません。
客観的に考えた時、忘年会のムードはとても楽しいものになっているでしょう。

お酒も入っているのです。
その場の雰囲気はとても楽しいものになっているに決まっています。
普段では考えられないような雰囲気になっているケースだって多いでしょう。
お酒はとても素晴らしいものです。

ちょっとお酒が入っているだけで本音で喋る事が出来たり、普段は抑えている事を喋ったりといった事が可能になるでしょう。
だからこそ忘年会はとても楽しいものになるのですが、その雰囲気に甘えてしまうのも良いのではないでしょうか。

少々語弊があるかもしれませんが、世間的にはあまり価値が無いものであっても、忘年会の雰囲気のおかげで盛り上がるケースだってあるでしょう。
忘年会景品に求められているのは商品の価値ではなく、その場が盛り上がるかどうかという点もあるのではないでしょうか。

・商品の価値ではないのです

商品の価値そのものではなく、その場が盛り上がれば良いと考えている人もいるでしょう。
また、もらったものが役に立たないものであっても、後日それを笑い話にする事だって出来るのではないでしょうか。

「忘年会景品のあれ、全然役に立たないよ!」といった冗談でコミュニケーションを取る事も出来るでしょうし、次の忘年会等の集まりの際、役に立たない忘年会景品の話題で盛り上がるかもしれません。

実用性だけであれこれ考えるとなかなか良い忘年会景品を見つける事が出来ないものですが、忘年会の雰囲気に甘えてしまうのも良いでしょう。
ですので、それこそ忘年会景品はどのようなものでも良いのかもしれませんね。

宴会シーズン、女性ならではの幹事術とは