相続順位に関して

相続には、相続順位というものがあります。

実は民法では、相続できる優先順位があらかじめ決められているんです。

とはいっても、夫や妻など配偶者に限っては、相続人になることができるようになっています。

では配偶者以外の相続人の順位を紹介してみます。

まず第1順位ですが、これは被相続人の子供、孫、ひ孫です。

ここで言う子供は、実子だけでなく養子や内縁関係である人の子供も含まれています。

この子供、孫、ひ孫が存在しない場合は、第2順位になります。

それが被相続人の両親です。

被相続人の両親がともに亡くなっている場合は、祖父母になります。

第1順位、第2順位ともに該当する人物がいない場合には第3順位になります。

これは被相続人の兄弟姉妹です。

兄弟姉妹が亡くなっていても、誰かに子供がある場合はその子供が相続できます。

これは遺言がない場合の順位なのですが、遺言がある場合は上記に挙げた法定相続人以外の人でも相続が可能です。

家族がいても、赤の他人に遺産を譲るという遺言書があれば、その赤の他人が全て相続することになるのです。

それから受け取る財産の割合ですが、配偶者は自分以外に誰が相続人になるかによって受け取り分が異なります。

第1順位の人が相続人であれば、配偶者が1/2、第2順位なら2/3、第3順位なら3/4となります。

例を挙げると1億円の遺産がある場合、第1順位なら配偶者は5千万ですが、第2順位なら約6700万、第3順位なら7500万にもなります。

芦屋相続の専門家ならこちら