武蔵野音楽大学のコース内容を確認しよう

東京の練馬区にある武蔵野音楽大学は、国内初の音楽大学として設立された歴史のある大学です。

音楽学部には演奏学科と音楽総合学科があり、全部で7つのコースを設置しています。

それぞれのコースの特徴を確認してみましょう。

演奏学科は器楽コース、声楽コース、ヴィルトゥオーゾコースに分かれています。


引用元:武蔵野音楽大学 学費

器楽コースはピアノ専攻のコースで、ピアニストとしての高度な演奏を身に付けプロの音楽家を目指すことができます。

学生一人一人が目標としている進路をサポートするための多彩な授業を実施しており、国内だけでなく国外での演奏会や演奏旅行もチャンスも用意しています。

1年次と2年次で鍵盤音楽史、初見演奏法、伴奏法基礎などを学び、3年次と4年次でピアノアンサンブル研究、即興演奏入門を学びます。

またピアノ指導法研究やスコアリーディングの授業も進路に応じて学修できるようになっています。

学習した成果はステージで発表することも可能で、ソリストオーディションで選ばれると学内外のホールで実施される演奏会で演奏するチャンスが得られます。

様々なコースの必須科目

器楽コースの必須科目は専攻実技をはじめ卒業演奏やソルフェージュ、和声、西洋音楽史などがあり、選択科目には伴奏法基礎から初見演奏法、ピアノアンサンブル研究、レパートリー研究などさまざまな科目が揃っています。

演奏学科の声楽コースは、舞台で歌える喜びや楽器との共演など体を楽器とした声楽の魅力が実感できるコースになっています。

プロの声楽家を目指すこともできますし、指導者として活躍するという選択肢もあります。

声楽コースの必修科目には専攻実技やピアノ、混声合唱などがあり、選択科目には声楽アンサンブルをはじめオペラ基礎演技、楽器学、音楽美学、日本音楽概論など豊富な内容が揃っています。

演奏学科のヴィルトゥオーゾコースは世界のステージで活躍するプロの演奏家を目指す方に最適なコースです。

プロの演奏家として将来演奏活動を行うために必要な実践本意のカリキュラムが組まれています。

夢を実現しようと頑張る学生をしっかりサポートしています。

こちらのコースの選択科目には、ピアノとオルガンの伴奏法基礎から即興演奏入門、ピアノアンサンブル研究、ソルフェージュ、声楽アンサンブルなど多くの科目が用意されています。

作曲家を目指す方は音楽総合学科の作曲コースに進学することになりますが、こちらのコースでは音楽を自分の力で創りだし人に感動を届ける学習を進めていきます。

クラシックだけでなく吹奏楽や合唱、映画音楽、ゲーム音楽など音楽のジャンルは幅が広いですが、これらの対応できる音楽家を育てることに重点を置いています。

アコースティックとエレクトリックの双方向から音楽表現の可能性を広げます。

作曲コースを卒業した後は大学院に進学したり海外に留学するという選択肢もあります。

また映像音楽プロデューサーやコマーシャルソング作曲家、レコーディングプロデューサーといった職業に就くこともできますし、小学校から高等学校の教員として活躍することもできます。

音楽総合学科の音楽学コース

音楽総合学科の音楽学コースは、さまざまな角度から思考して音楽の意義と役割を解き明かすコースになっています。

音楽を実践しながら多面的に研究できることが魅力です。

必修科目には音楽学概論から音楽学研究、日本音楽史、音楽ジャーナリズム論などがあり、選択科目には諸民族音楽概論、楽式、楽器学などが用意されています。

音楽学コースを卒業した後は音楽編集者として音楽出版社に就職したり、カルチャースクールの講師や音楽系企業で働くことができます。

音楽教育コースは音楽の魅力を伝えたり感動を分かち合いたいという方に最適なコースです。

単なる指導者ではなく高い専門性と豊かな人間性を兼ね備えた指導者の育成を目的としており、さまざまな場面で音楽を指導することで社会に貢献できる人材を育成しています。

音楽教育コースを卒業した後は大学教員や小学校、中学校、高等学校の教員になったり、自衛隊や警察の音楽隊隊員として活躍できる可能性もあります。

また音楽療法士を目指すこともできるので、将来は音楽を指導したい方はこちらのコースを選ぶといいでしょう。

アートマネジメントコースは芸術を社会に広めたり感動の輪を広げる仕事に就きたい方に最適なコースとなっています。

芸術文化活動を支える人材の育成を目指し実践本意のカリキュラムを組むなど充実した学修環境を整えています。

アートマネジメントコースを卒業すると、コンサートプロデューサーや音楽祭プロデューサー、音楽イベントプロデューサーなどの職業に就くこともできますし、音楽ホールの企画や運営に関わることも可能です。

武蔵野音楽大学はコンサートホールが充実していて、ベートーヴェンホールからバッハザール、ブラームスホール、モーツァルトホールなど名だたる音楽家の名前が付いています。

コンサートホールの画像や特長は武蔵野音楽大学のホームページで確認することができます。