木の家のメリットとデメリットについて

❶温かみがある木の家

ロイヤルウッドなどの木の家は鉄筋コンクリートが中心で作られた住宅とは違って温かみがあるというメリットがあります。
それだけでなく室内の温度や湿度を一定に保つ効果があるので、快適に生活することができるのです。

寒い外から暖かい室内に帰っただけでも日中の仕事で溜めていたストレスが一気に解消されていくでしょう。
都会の仕事で精神的な苦痛を味わって帰宅したときに、住宅がコンクリートで覆われている殺風景なものだとしたらストレスは家に帰っても溜まり続けてしまう可能性があります。

暖かみのある住宅こそが、ストレス社会で生き残るために必要なのです。
他にも木の家であれば外からの気温の影響を受けにくいので、省エネ対策にもなります。

特に最近は都市部を中心にヒートアイランド現象が深刻化しており、エアコンを使用していても熱中症になってしまうことがあります。
このような問題に対処するためにはエアコンを使用して部屋を冷やすだけでは不十分であり、住宅に使用している素材を活用することで対策する必要があるのです。

住宅の素材によってある程度の遮熱を行うことができれば、冷暖房の使用を抑えることができるだけでなく熱中症などのリスクも低減できます。

❷木の家は建築費用が安価

ほかにも木の家は建築費用が安価であるというメリットがあります。
ヒノキやカヤなどの高級な木材を使用する場合を除いて、一般的なものであれば安価に済ませることができるのです。

特に木材は鉄筋コンクリートとは違って製造に時間がかからず、安価に流通できて加工も現地で簡単に行うことができるメリットがあります。
加工がしやすいという点は現地で顧客の対応に柔軟に対応できるということです。

事前の協議によって建築士の作った設計通りに行うのではなく、予定が変更したとしても現場で働く人たちに一言言うだけですぐに対応してくれるのです。
また空間を広く作ることができるというメリットもあります。

木の家は、一般的な内装がしっかりした住宅とは違って断熱材などを過剰に導入する必要はありません。
そのため天井が高くなったりするなど空間を広く作ることで、圧迫感を感じさせない開放感のある住宅を作ることができるのです。

余計な金具などを使用していないので、耐震性に優れているという点もあります。
木造住宅は鉄筋コンクリート製のものとは違って、結合部分が強固に作られており接合時に余分な部品を使用する必要はありません。

❸木の家は火に弱い

そのため接合部分が腐食して耐震性が劣化してしまうなどという問題は発生しないのです。
湿気を吸うことによって木材が膨張していき、結果的に接合部分がより強固になるのです。

ただし、万能に見える木の家にもいくつかのデメリットがあります。
例えば火災に弱いという点があります。

木造住宅なので冬場は特に火災に注意しましょう。
できれば天井にスプリンクラーや火災報知器などの防火設備などを徹底して設置しておくことが良いです。

空気が乾燥している状態で、空間が広く作られている木造住宅は炎が燃え広がりやすく、大惨事に発展してしまうことがあります。
ただし木造住宅は日本の到るところに点在していて、防火に対するモデルケースも豊富な点から対策は容易です。

それだけでなく火災保険が安いというメリットもあります。
火災対策は最新の防火設備を活用して徹底的に対策しておけば問題も少ないと言えるでしょう。

❹リフォーム時にコストが掛かってしまう

火災以外にもデメリットは他にもあり、リフォーム時にコストが掛かってしまうという問題があります。
リフォームの際には住宅の柱や天井などを切断する必要があります。

金具などがほとんど利用されておらず、規格化された部品を使用している点から鉄筋コンクリートで作られた住宅よりも簡単にリフォームを行うことができないことがあるのです。

可能であれば将来のことを見越して住宅を建築する必要があります。
湿度の高い地域であればシロアリの問題も考慮する必要があります。

シロアリによる被害は木造住宅にとっては非常に深刻で、被害の集中しやすい浴室やキッチンだけでなくリビングや寝室まで広がってしまうことがあるのです。

ただし最近ではシロアリの被害に対応するために特殊な薬剤などが使用されており、料金はかかってしまいますが、それらを活用することである程度の被害を低減させることができます。

❺まとめ

以上のことから木の家を作るときには、火災対策とシロアリの問題について徹底して考慮する必要があります。
地域の湿度についても注意が必要で、高い湿度が続いてしまうと急激に劣化してしまうことがあります。

一方で、メリットもいくつかあり外からの熱を遮断することができる上に空間を広く作ることができるという点があるので土地が狭い場合や生活しづらい気候の場合は木造住宅を活用しましょう。

特に高い断熱効果によって空調のために必要な電気代を節約したりすることができるのでエコロジーに関心のある方には有効です。
開放感のある空間を作ることでストレスを溜めにくいというメリットもあります。

ロイヤルウッドのアフターメンテナンスより抜粋

ドライブデート成功の秘訣は?谷尾師匠に聞いた

1.先輩の谷尾和昭師匠にドライブデートを教えてもらった!

車の中なので密室になり、親近感もアップするドライブデートは、仲良くなりたい相手がいる際にはとても有効な方法です。
しかし、やり方を間違えるとうまくいかず失敗に終わってしまうということもあります。

誘った側、誘われた側、それぞれどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。
ちなみに、この記事は私の先輩であり師匠の谷尾 和昭に教えてもらった内容になります。

まず誘った側、運転をする側についてです。
あらかじめ行き先が決まっている場合は迷わないようにカーナビや携帯のナビで場所を登録しておきましょう。

最新のナビを設定しておけば渋滞を避けることもできるので、必ず登録しておいた方が良いです。
迷ってしまっては格好悪い思いをしてしまうかもしれないので、あらかじめどのようなルートで行くのか事前確認をしておくことも大切です。

長距離のドライブの際には、必ず休憩をはさむようにしましょう。
女性からは言いにくいので、できるだけ自分から声をかけるようにするのがおすすめです。

ガソリンは満タンにしておきたいですが、途中で慌てないようになくなりはじめたら余裕を持って入れに行くのが良いですね。
場所によってはなかなかガソリンスタンドが見つからず、パニックになってしまうことがあります。

2.車内を綺麗にしておくのは基本中の基本!

車内も綺麗にしておきましょう。
クリーナーでほこりなどは綺麗にしておいてください。

掃除しづらい車内をピカピカに!おすすめ車内清掃グッズ10選

車用のフレグランスも、女性向けのものにしておくと良いでしょう。
助手席にクッションやブランケットを用意しておくと女性は喜んでくれるはずです。

女性が楽しめそうな音楽を用意しておくのもグッドです。
事前に相手の好みの音楽を調べておくと、安心です。

男性アイドルの曲などを入れておくと「男の人なのに聴くんだ?」と意外とウケが良かったりします。
世代に合わせて懐かしい曲を入れておくと会話が弾むかもしれません。

じっくり会話を楽しみたいなら、ボーカルなしの音楽を入れておくのも良いですね。
タブレットなどを持っている人であれば、映画などをダウンロードしておくのもおすすめです。

運転が得意でないので、集中してあまり会話することができないかもしれないという場合は事前に相手にその旨を伝えておく方が安心です。
ずっと無言だと、機嫌が悪いのかなと相手が不安に思ってしまうからです。

3.安全な運転を行うこと!これが一番大事

長時間ドライブですと、相手や自分が車酔いをしてしまう可能性があるので、酔い止めなどを用意しておくのも良いでしょう。
他にも頭痛薬は生理痛などの痛み止めにもなるので、あると安心です。

そして一番大事なのが、安全な運転を行うことです。
とばしすぎて速度オーバーになってしまい、警察に止められたりするとテンションもだだ下がりですし、万が一事故にでもなったら取り返しがつきません。

安全すぎるかな?と思うぐらいに気を付けて運転する方が女性も喜んでくれます。
ドライブデートは、運転している側も疲れますが、乗っている側も意外に疲れてしまうことがあります。

相手の体調を気遣うことも大切です。
無事に一日デートを終えられたら、相手にもお礼を言いましょう。
あなたが助手席に乗っていてくれたから運転しやすかったよ、と伝えると相手も嬉しく感じてくれると思います。

4.女性は車の乗り降りがしやすい格好にしておく

では誘われた側はどのようなことに気を付ければ良いでしょうか。
まずは服装です。

車の乗り降りがしやすい格好にしておくのが良いでしょう。
高すぎるヒールや短いスカートなどは乗り降りに時間がかかります。

また靴は綺麗にしておきましょう。
車にこだわりがある相手の場合は特に車内に土などが付かないように気を付けてください。

相手にはずっと運転してもらうことになるので、休憩する際には飲み物や食べ物を買っておくと気が利くと思われます。
また運転のサポートを積極的にしてあげても喜ばれます。
料金所や駐車場などでは素早く小銭を用意したり、駐車する際まわりを見てあげたりすれば相手の負担を減らすことができます。

5.しっかりとお礼を伝えること

相手は運転に集中しているので、会話はこちらから振ってあげるようにしましょう。
渋滞している場合もイライラしないようにゲームをしたりして場を和ませます。

また行き先についての情報を調べて伝えるのも良いですね。
着いたらどこへ行くか、何をするか、どんなものを食べるかなどは今のうちに決めておくとスムーズです。

また、疲れてしまっても勝手に寝てしまうのはNGです。
もし相手が眠そうにしていた場合は、一緒にひと眠りしようかと提案してあげれば二人ともゆっくり休めます。

そして一番大切なのが、しっかりとお礼を伝えることです。
ガソリン代や高速代などがかかった場合は自分から払わせて欲しいと言いだすと印象が良いです。

また一日運転してくれたお礼だと言って、プレゼントを渡したりごはん代を払ったりしても良いでしょう。
相手が遠慮してきた場合は、今度は自分がおもてなしするね、と約束しましょう。

相手のことを思いやる気持ちを忘れないようにすれば、自然とデートはうまくいくはずです。
少しのことに気を付けながら、ドライブデートを楽しんでくださいね。

埋葬形式の多様化で重要性が増している仏壇

⒈仏壇そのものを持たない傾向が強まりつつある

一昔前の仏壇のイメージは漆塗りで金箔がふんだんに使われているなど豪華な細工が施された大型の製品で、仏間の中心に据えられて重々しい存在感を放ち、家族に大切にされ敬われ続ける場となっていました。

近年では仏間どころか和室がない住宅も少なくなく、大小にかかわらず仏壇そのものを持たない傾向が強まりつつある状態も続き、今後もその流れが継続されるとみられていました。

それを変えたのが、ここ数年で増加が加速している樹木葬をはじめとする自然葬や合祀スタイルの永代供養墓といった埋葬形式の多様化で、葬儀のコンパクト化と共に主に都市部で顕著になっている傾向です。

少子高齢化社会が進むにつれて墓所の供養や管理で子や孫の代まで煩わせたくないと考える人が増え、個別の墓所を持たずに自然葬や合祀形式の埋葬を選ぶことで、墓参に行くというよりも自宅で供養することを選ぶケースが目立ってきました。

自然葬の中でも海に散骨する海洋葬の場合、墓参に行く先自体がなくなるということで、分骨したものをオブジェやアクセサリーに加工して自宅に置く人も少なくなく、近年では手元供養として散骨や埋葬をまったく行わないケースも出てきています。

高齢になって遠方に墓参に行くことができなくなり、先祖代々の墓所を墓じまいして分骨し、永代供養墓への改葬や散骨の上、手元供養を行う人も増えてきました。

⒉モダン仏壇の魅力について

そこで注目され始めたのがモダン仏壇と呼ばれるタイプの製品です。
マンションのリビングルームなど洋風インテリアにも違和感なく馴染むデザインという特徴を持っており、従来の伝統的な大型タイプの製品と違ってリーズナブルな価格帯であることから若い世代の購入者も増やしました。

>>安い仏壇専門店の光雲堂

インターネット通販ショップで気軽に比較検討して購入できることからも人気を高めており、スタイリッシュな洋風デザインの製品が年々増加しています。
チェストの上に置けるようなコンパクトな製品も多く、モダンタイプの製品に合うデザインのおしゃれな雰囲気の仏具も増えたことで、生前に自分自身でお気に入りの仏具を選んでおく人も出ているほどです。

カラフルなガラス製の仏具は若い女性からの人気も集め、これまで先祖供養に興味を持たなかった層も引き込むこととなりました。
インテリアにこだわりを持っている人の場合、モダンタイプの製品の中でもメープルやホワイトオークといった洋材の色合いにこだわって選んだり、伝統的な唐木仏壇のコンパクトタイプをアジアンテイストの部屋に据えるなどの工夫も楽しんでいると言われます。

命日やお盆・お彼岸の時にのみ墓参を行っていた従来よりも、供養が日常に馴染むようになったと考える人も増えたとされ、その傾向を歓迎するシニア層も少なくないと言われています。

その一方で古くなった旧来の大型製品を処分する人も増え、墓じまい同様親族間でトラブルが発生するケースも見られるようになりました。
特に寺院や仏具店に引き取ってもらう方法をとらずに粗大ごみとして処分してしまった後で、親族から非難されるなどの事態に陥りかねないことから、事前の相談を怠らず適切な方法で処分することが重視されています。

⒊手元供養は負担もなく自宅で供養することが可能

ネットショップから気軽に購入できるモダンタイプの製品の場合は、買い替えなども旧来の大型製品よりも容易にできる印象があり、その点も支持を集めているポイントです。

何より、故人の遺骨を加工してオブジェにするなどして自宅で供養する場合、故人と共に暮らした家で毎日念入りに拝むことができるというメリットがあります。

足腰が弱って遠方に墓参できない人の場合も、身体に負担をかけずに供養を続けることが可能で、手元供養を選択する人は今後さらに増えることが予想されています。

自然葬や永代供養墓、都市型納骨堂を選ぶ場合は従来の墓所よりは安価なものの、それなりの費用がかかることになりますが、手元供養の場合はその負担もなく自宅で供養することが可能になります。

⒋パステルカラーの愛らしいミニ骨壺なども登場している

故人を手元で供養したいという思いの前に、経済的な事情から手元供養を選ぶ人も増えつつあると言われていることから、増加傾向に拍車がかかることも考えられます。

供養の場としてのモダン仏壇も、コンパクトタイプよりもさらに簡易的なミニサイズの製品が登場するようになり、中にはフォトスタンド少し大きめになったような非常にシンプルな製品も出てきています。

手元供養で遺骨がある状態を怖がる人も少なくないことから、来客が多い住宅では人目に触れないところに祀るべきという声もありますが、手元供養の傾向が強まるほどに違和感を持たない人が増えることも予想されるようになりました。

遺骨や遺灰をダイヤモンドなど宝石に加工する技術も年々進歩し、パステルカラーの愛らしいミニ骨壺なども登場しており、見た目の雰囲気からも日常の暮らしにさらに違和感なく溶け込むようになっています。

仏壇の分野で進むイノベーションは、現代に生きる日本人の供養そのものの概念を大きく変えつつあると言えます。

石油ストーブの魅力について

◯石油ストーブのメリット

石油ストーブは名前の通り、灯油を燃料として暖房などに用いる器具です。電気やガスが普及した現在ではファンヒーターやエアコン、こたつなどさまざまなものがあるので、自分や家庭に相応しいものを見つけ出すことが大切になってきます。

それぞれ使い勝手の良さや暖房の効率性、コストパフォーマンスなどを考えて選ぶことが重要です。冬場は暖房器具が必要不可欠となり、温もりだけではなく光熱費も気を付けなければいけない点になります。

暖房器具の中で比較的古くからあるのが石油ストーブですが、こちらの特徴は灯油を入れればすぐに使うことができるところです。メリットは火力がすぐに室内を暖かくすることができるのが大きく、反射式と対流式の2種類があるので室内に合わせて選ぶことができます。

また石油燃焼時に水分も発生するので部屋が乾燥しにくく、広い部屋にも対応できて、電源が不要なので灯油を用意しておけば電気やガスが使えない災害時にも利用可能です。音が静かですし、条件にもよりますがエアコンとコストパフォーマンスが安いのも魅力と言えます。

さらにストーブの上に水を入れたヤカンを置いておけば湯を沸かせる、加湿もできるとお得です。人によってはカレーやシチューを煮込む、餅を焼くといった火力として用いることもできます。ただし天板からはみ出るような大きな鍋は落下など危険性が高くなるので、しっかりと注意して利用してください。

最大の利点は災害時に利用できるところで、灯油さえ用意しておけば電源が必要なくなるのは助けになります。特にオール電化にしている場合、電気が使えなくなると危険なので、防災用として準備しておくと安心です。災害時だけではなく、野外や倉庫内でも使用することができますし、移動の手間がかからないのもメリットと言えます。

最近はおしゃれでスタイリッシュなデザインのストーブも登場しているので、インテリアコーディネートを意識して求めることもできます。デザインだけではなく色も豊富にあるので、室内の置いた印象で選ぶことができるのも魅力です。

◯石油ストーブのデメリット

使い勝手の良い石油ストーブですがデメリットもあり、最大の問題は石油臭さで、これによって敬遠してる方も多くいます。人によって異なってくるので苦手と思った時には無理をする必要はなく、他にも暖房器具があるのでそちらを使用した方が効率的です。

使っているうちに慣れてくる場合もありますが、人によっては頭痛や吐き気などが起きる可能性が出てくるので、無理だと思った時には使用を中断してください。また臭いの緩和策として、定期的に空気を入れ替えした方が良く、暖かめた空気を逃してしまうのがもったいないと感じることがあります。

他にもデメリットはあり、細かな温度設置がしにくい、火がつくので火傷や家事などの危険性が出てきます。マンションやア

パートなど集合住宅では、安全性のために使用が禁じられているところも多いです。灯油の補充や準備が面倒くさい、場所がとられるといった問題もあります。

小さな子供やペットがいる時は気遣いが必要になり、安全性を重視するために柵などを用いることも必要です。さらに換気を行わないと一酸化炭素中毒のリスクも出てきますので、使い方をしっかりと理解して、正しく利用することが求められます。

◯メリットとデメリットを理解し利用しましょう

多くの暖房器具がある中で、自分や家庭にとって役立つものを選ぶことが大切になります。長岡石油などが販売する石油ストーブはメリットとデメリットを理解することが大切ですし、灯油を購入しなければいけないのでタンクをストックする場所を確保するなど、環境によって左右されます。

マンションやアパートなど集合住宅に関しては火災のリスクから使用を禁じられている場合もあるので、規約を確認することが大切です。子供やペットがいる時は火傷などの危険を回避するためには、柵を取り付けるなど工夫が必要になります。

定期的な換気をしなければいけないなど、使う時にやや面倒くささがあるストーブですが、暖房効果の高さは大きく使い勝手の良さは魅力的です。炎そのものは視覚的な温もりを感じさせるだけではなく、気持ちを優しくしてくれる効果もあります。室内でゆっくりと過ごす時に役立ちますし、家族のだんらんにはぴったりです。

エアコンの温風では物足りない、肌寒さを感じるといった時には導入してみるのが良く、火の暖かさは想像している以上に大きく、視覚や感覚的にも温もりを感じさせてきます。さらに通常利用するだけではなく、防災用として購入しておくと電気やガスが使えない時でも利用が可能です。

灯油を用意しておかなければいけないのですが、それさえクリアすれば使い勝手がとても良くあると安心につながります。大切なのはメリットとデメリットを理解すること、そして安全に使用することです。多くのデザインや色があるのでコーディネートもしやすく、魅力のある暖房器具といえます。